読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リモートワークの話

要するにリモートワークがしたいです,ということです。

僕が勤めているのはそこそこの規模のイケイケ系IT会社で,見込み残業が給料に含まれていて残業代は一切でない,よくある裁量労働制を採用している会社なのですが,制度としてリモートワークやフレックスタイム制といったものがありません。所謂出勤時間に厳しく( 最近は弊チームではすごく多めに見てもらっていて個人的に助かっておりますが ),退勤時間が無限解放な,そんな感じの労働環境と言っていいでしょう。裁量労働ならば,こういうリモートやフレックスといった働き方とは相性がいいはずなので,是非ともやってもらいたいと思っています。ですが,現実的には難しいようです。

部署によっては週1でリモートワークを許可しているところもあるらしく,本日人事の方と話していてリモートって難しいんですかねぇ?と投げかけたところ,え?週1でもないの? という反応をされてしまいました。 僕も個人的にリモートしたいだの,せめてフレックスは可能なのかということをちょいちょい訴えてはいるのですが,やはり会社としての制度を変えるのは大変なようでなかなか勤務体制を変える動きまでは至っていません。

うちの会社は人材の動きが激しく,2,3年もすると新卒で入ったエンジニアの同期が結構な人数出て言ってしまうのが恒例となっていますが,こういった働き方をちょっと許容するだけでエンジニアの幸福度が段違いに上るし,人の動き,流れも変わると思うのですが,如何なものなのでしょうかね?個人的な価値観になってしまいますが,留まるに値する十分な理由って,何もお金や組織感だけじゃないと思うんですよ。これから何十年も続けていくのですから,ライフスタイルにまで影響を与えるような働き方が許容されるのは素敵なことだと思っています。

やっぱりMTGは重要だしフルリモートしたいだなんていう贅沢は言いません。対面での会話の重要性は十分わかっているつもりですが,さぁ開発フェーズだ といったときにフロー状態に入れるような環境づくりの選択肢としてリモートはやっぱりありなんじゃないでしょうか?

ですが…,今日エンジニア向けの集中開発専用ルーム的な部屋(弊社では精神とテクの部屋と呼んでいます)で作業していて,壁際の人に気づかれないような席を陣取っている人があからさまに寝ていて,リモートワークを採用したくない側の不安な気持ちもちょっとわかりました。あと僕の出勤時間がよくずれるのも原因か。。説得力無いもんな。。。でも裁量労働だから,やることやっていれば悪いことではないと思っています。