プリッカソン #4でらぁらちゃんを出荷するゲームを作りました

プリッカソンについて

プリッカソンとはプリティシリーズのハッカソンです。 詳しくは下記のイベントページをご覧ください。 prickathon.connpass.com

成果物

らぁらちゃんを出荷するゲームを作りました。

ルールは簡単,「かしこま」と呟くらぁらちゃんが流れてきたら画面をタップし,「かしこまり」と呟く,やや品質に問題があるらぁらちゃんが流れてきたら画面をフリックして違反チケットを貼ります。タイムオーバーになるか,誤った操作をするとそこでゲーム終了となります。一応らぁらちゃん人形という体です。生首じゃないよ。

僕は1日である程度体裁の整った成果物を出したいと考えていたので,使い慣れたフレームワークを用いて簡単なミニゲームを作成することにしました。また,絵を描いても良いとの触れ込みがあったので,その場で素材も用意しました。

使っているフレームワーク/言語は以下の通り

  • TypeScript
  • Phaser
  • webpack

Phaserなら簡単な2Dブラウザゲームが割とすぐできて良い と宣伝しておきます。

参加者について

多様です。Webフロント/サーバサイド/スマホアプリ/機械学習などの分野は軽くカバーしていました。また,作品を作るために絵を描いても音楽を作ってもよいというスタンスが面白く,実際にDTMする人がいたり,僕もiPadで絵を描いていました。

プリッカソンの雰囲気について

僕はプリパラをアニメから知って,まだアイドルタイムも履修していないにわかですが, プリティシリーズが好きなら誰でもウェルカムといった雰囲気で,また,技術レベルを限定することなく,まずはやってみることを大切にしている様子でした。えもちゃん曰く「やってみなくちゃわからない、分からなかったらやってみよう」。まさにそんな雰囲気です。

当日はプリチャン放送日ということもあり,まずは最新話をみるところからはじめたり,途中キンプリとキンプラを同時に流しながら開発するというお茶目な場面もありましたが,ガチで開発したい人は黙々と(ペースを崩されるようなことはなく)作業を続けられていました。みんなで好きなものを共有したい,一方,新しく出会う技術者としての交流/知識共有もしっかりしたい,というバランス感覚があり,主催の方もそのように配慮しているように感じられました。

好きな作品をテーマにしたハッカソンは面白い

参加してよかったです。今後もプリティシリーズをより一層たのしめそうです。

あとは「アイカッ!ソン」なんてものがあったら更に面白くなりますね!?